連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >連帯保証人 >>連帯保証人死亡でどうなる住宅ローン支払いの保証は?

連帯保証人死亡でどうなる住宅ローン支払いの保証は?

住宅ローン借り入れの連帯保証人になっていた知人が亡くなりましたが、その後の連帯保証人がが負っていた保証債務は消滅するのだろうか? という疑問が・・調べてみると・・・連帯保証人が亡くなれば、連帯保証人か否かは関係なく人が死亡した場合、相続というものが発生しるそうです。


亡くなったら連帯保証人から外れた・ということにはならないのです。


相続というと”遺産分割”という言葉に示されるように相続することと思われがちですが、相続というものは資産だけでなく借金などの負債も相続の対象になってしまい。
連帯保証人が負う保証債務(住宅ローン借り入れの連帯保証人)も負債の1つとなります。



連帯保証人が死亡した場合、その配偶者や子などの相続人は原則として資産と負債(住宅ローン借り入れの連帯保証人、その以外の負債も含めて)の両方を相続することになります





連帯保証人が保証債務を含め膨大な負債を負っていた場合、配偶者や子などの相続人がその膨大な負債の場合などは相続放棄というものが認められています。


相続放棄すれば当然資産も放棄することになります。資産は相続して負債のみを相続放棄などということはできません。


叔父が友人の連帯保証人になり苦労しました。亡くなったてからしばらくして従兄弟のところまで迷惑が掛かってはいけないので、相続放棄ということの判を押してほしいとの連絡があり、そのご裁判所より相続放棄の書類が郵送されてきたことがありました。


関連ワード:シミュレーション 自己破産 ビジネス ファイナンス クレジットカード
太陽発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。