連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >相続 >>連帯保証人の相続とは?相続放棄とは?

連帯保証人の相続とは?相続放棄とは?

連帯保証人の相続とは?連帯保証人になっていた人(たとえば父親)が、友人の連帯保証人になっていて、返済が終わらないうちに亡くなった場合などは、遺産を相続する者が、連帯保証人としての責任を負うことになるというものです。



たとえば、父親が知人の借金500万円の連帯保証人になっていて、父親が亡くなった場合などは相続人であるあなた、また母親などが健在な場合で2人で相続する場合などは、連帯保証のそれぞれ二分の一すなわち250万円ずつの連帯保証債務を負い、法律上は250万円ずつの返済義務を負うことになります。




でも父親が何も話さず、そのまま逝ってしま連帯保証人の借金だけが残されるのは何も知らない相続人にとって酷なはなしですね



そこで、民法では第915条において相続放棄という制度が認められています。相続放棄とは、相続人が被相続人の財産の一切を相続しないようにする手続のことで、相続放棄するとその相続人は初めから相続人とならなかったものと見なされます(民法939条)。前述の民法915条には、「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内に・・・放棄をしなければならない」と記載されています。


したがって、相続人が被相続人が死亡したことを知ってから3ヶ月以内であれば、相続放棄することができます。


【送料無料】日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル [ 橘玲 ]


でも3ヶ月以上たっている場合は基本的には放棄できないようですが、条件によっては放棄できる場合もあるようですね、詳しくは専門家に聞くのがよいでしょう。



  • コメント : -
  • トラックバック : -
太陽発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。