連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >連帯保証人 >>連帯保証人には、実印、印鑑証明は必要か?

連帯保証人には、実印、印鑑証明は必要か?

連帯保証人と言ってもいろいろな場面があります。
不動産売買のときような多額の金額が絡んだ連帯保証人からアパートに入居するのに求められる連帯保証人までいろいろな場面で連帯保証人が必要になる場合があります。


また連帯保証人実印、印鑑証明は金銭の絡んだところでは無論必要です。が、部屋を借りる場合などの連帯保証人の印鑑証明は、不動産やまた地域によって差があるようですが。最近の事情では賃貸と言えども基本的に保証人の印鑑証明も求められることが多いようです。





たかが賃貸の連帯保証人と甘く考えてはいけません。
万が一保証人になった部屋から出火して大損害を与えた場合などは、本人が賠償できなければ連帯保証人に支払いが回ってくる場合もありますので、いつのときでも連帯保証人になることは慎重に!



私が若かった頃、何度かアパート、借家と変わりましたが、連帯保証人の印鑑証明などは求められませんでした。保証人と言っても友人が名前を書くだけで済んでしましたが、数十年前の話です。
今は賃貸と言えども連帯保証人また実印、印鑑証明を求められるところが多いようです。


借金 連帯保証人


なぜ印鑑証明、実印が必要かといううと。

連帯保証人になるということは、例えば、あなたが家賃を滞納した場合には代わりに支払わなければなりませんし、部屋を破損し貸主(大家)から損害賠償を請求された場合も、それを支払う義務が生じます。

連帯保証人には、そのような重要な役割があるので、本人の意思を確認する必要があります。 認印の場合は、誰でも押せますから連帯保証人になってくれる人の意思を確認できません。 したがって、印鑑証明と実印が必要なのです。

関連ワード:シミュレーション 自己破産 ビジネス ファイナンス クレジットカード 住宅ローン 税金
太陽発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。