連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >連帯保証人 >>住宅ローンの連帯保証人を頼まれたらどうしますか?

住宅ローンの連帯保証人を頼まれたらどうしますか?

住宅ローンの連帯保証人を頼まれたらどうしまうか?
住宅ローンの連帯保証人は、「人に頼まない」「頼まれても断る」のが基本でないかと思いますね。


親類や友人から住宅ローンの連帯保証人になることを頼まれてしまった場合は、そのローンの全額を自分が返済してもかまわないと思うくらいの気持ちがない限り、絶対に断るべきです。


叔父が友人の連帯保証人になり最後は自分の会社も潰し、悲惨な状況に追い込まれた姿を見ているだけに連帯保証人の怖さというものをいやというほど思い知らされました。
「人に頼まない」「頼まれても断る」のが基本ではないかと思いますが。。?




住宅ローンなどの借り入れを申し込む場合は、連帯保証人を立てなければならないのが一般的ですが、連帯保証人は「誰かに頼む」場合と「保証会社に頼む」場合とがあります。


保証会社に頼む場合は一定の保証料を支払う必要がありまあす。保証料は、借入金額や返済期間などによって異なりますし、保証会社によっても異なります。一般的に、2000万円~3000万円の融資を受ける場合だと、数十万円はかかると考えておくとよいでしょう。


また友人等に頼む場合はこれらの費用は避けられますが、万一迷惑をかけるようことになれば金額以上の悔いが残るでしょうから、できれば「保証会社に頼む」選択がよいように思いますが。。。

【送料無料】今日、会社が倒産した [ 増田明利 ]


なお、近年は、保証料が不要な金融機関等や、「フラット35」などのように、もともと保証人を不要とする住宅ローン商品が登場してきています。
保証料がかからないから有利かというと、その分、融資手数料が比較的割高だったり、金利水準が高めだったりする場合があるので、一概に有利だと断定できるわけではありませんが、他の条件等がほぼ同じなのであれば、有利になる可能性はあります。
他の条件も含めて比較検討することが大切でしょう。


関連ワード:シミュレーション 自己破産 ビジネス ファイナンス クレジットカード 税金
太陽発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。