連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >連帯保証人 >>連帯保証人と連帯債務者の違いとは?

連帯保証人と連帯債務者の違いとは?

連帯保証人も連帯債務者も 債務者と同一の支払い義務を負っています。
唯一の違いは、連帯保証人は債務者が返済できなくなった時に 始めて返済の義務が発生するのに対し、連帯債務者は 債務者の支払い能力の有無に関わらず、返済の義務を負っていることです。


一般的に、連帯債務は住宅ローンを組む場合によく利用されています。
これは、夫ひとりの収入だけでは希望する金額のローン審査が通らない場合など、妻の収入を合算させることで希望額の審査が通りやすくなるからです。



この時点ではまさか離婚のことまで考えていないでしょうから・・・・妻も当然というか連帯債務者になることに依存はないでしょう。



夫婦円満に一生を送ることができることが望ましいですが、住宅ローン完済までにやむを得ず離婚ということになり奥さんが連帯債務の場合は奥さんにとってチョット面倒なことになります



連帯債務者は、離婚したことによって連帯債務関係は逃れられません。
離婚しようが、その住宅ローン連帯債務者である本人が借りたものだからです。もうその家には住んでいないからというような理由は通じません。


連帯債務を抜けるチャンスというのは非常に難しいのですが、ケースバイケースです。
借換は新規契約のため、連帯債務を抜ける数少ないチャンスです。あとは合意解除ぐらいでしょうか。


近くの90数軒の新築が建ち並んでいる住宅取得にも上記のようなかたちでの住宅ローンを込んでいる家庭も多いのでは・・・見る限りでは若いカップルが多いようにかんじます。
住宅ローン完済までは夫婦円満仲良く・・・・と願っている人もいるのでは?。。

関連ワード:シミュレーション 自己破産 ビジネス ファイナンス クレジットカード 税金

太陽発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。