連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >破産 >>フラット35の連帯債務と住宅ローン控除とリフォーム

フラット35の連帯債務と住宅ローン控除とリフォーム

リフォーム中ですが、数年前には台所と居間などをリフォームしましたが、今回は2階の2部屋とベランダ等のりホーム中ですが、中古住宅の場合はあちこちとリフォームしていきますと結構な金額がかかりますね~~


最初は台所と居間のリホーム、次がピアノの設置に必要な部屋のリホーム、次が事務所件兼用に使う部屋のリフォーム、・・・・阪神淡路大震災で壊れた屋根の吹き替えなど工事などなど・・・・



住宅ローンの額が多い時や夫婦共働きの場合には連帯債務の方式を取ることもあるのではないでしょうか。
フラット35でも連帯債務を行うことができ、またその際の住宅ローン控除について詳しくお話したいと思います。


まず、連帯債務を取ることのメリットについてですが、借入金額をより多くできるという点があります。
例えば夫1人だけでは収入によって3000万円までしか借入できない場合でも妻の収入があることによって5000万円まで借入ができるといった場合があるのです。



また、連帯債務を取ることによって住宅ローン控除が2倍になります。
住宅ローン控除は1人に対して行われるので、夫婦2人であれば2人分となるからです。



フラット35は公的金融機関になるので合算できる収入については2つの方法があります。
夫婦2人で合算した額かどちらか一方の収入で低い額の方を審査基準として提出できます。



住宅ローン控除については合算した額ではなく、それぞれの収入に対する額となるので非常に便利です。


フラット35で連帯債務にするデメリットももちろんあります。
それは借入額が大きくなる分、月々の返済額も大きくなるという点です。




支払いで気をつけたいのが、月々の支払いと、ボーナス払いの支払いとに分かれている場合などです。ボーナスは企業の成績によって変わります、場合によってはボーナスがない場合もありますのでこの点を十分に考慮して返済計画に無理のないように工夫しましょう。


もちろん夫婦で共働きであれば頑張って返済していけばよいのですが、どちらが一方はボーナス返済なしにするなど工夫していくことが必要だと言えます。


関連:シミュレーション 自己破産 ビジネス ファイナンス クレジットカード 税金

  • コメント : -
  • トラックバック : -
太陽発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。