連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連帯保証人で借金が膨らみ自己破産サイトトップ >相続 >>連帯保証人での多額の借金、相続から3ヶ月を過ぎてしまった場合の相続放棄は?

連帯保証人での多額の借金、相続から3ヶ月を過ぎてしまった場合の相続放棄は?

相続放棄は各相続人が、「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に、家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出しなければならず、家庭裁判所に認められれば、「相続放棄陳述受理証明書」が交付され、この証明書が相続放棄をした証明となるのです。


この期間内に申述しなかった場合は、単純承認したものとみなされますので注意しましょう!


被相続人(親)が莫大な借金を残して亡くなった場合に、その法定相続人(配偶者や子供など)にその借金を負担させてしまえば、残された家族の生活が成り立たなくなることもありますので、この相続放棄という手続き方法があるのです。



しかし、相続から3ヶ月を過ぎてしまった場合は、事情が違います。
専門知識がない人がチャレンジしても何とか出来る可能性は低くなります。
3ヶ月を過ぎてから相続放棄の手続申請を家庭裁判所に出すと必ず、裁判所から質問が来ます。


関連ワード:シミュレーション ポイント ビジネス 懸賞サイト 無料 送料 限定 税金 FX 円高







  • コメント : -
  • トラックバック : -
太陽発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。